2014年05月16日

東燃ゼネラル、第1Q決算は増収減益

東燃ゼネラル石油の2014年12月期第1四半期(1〜3月期)連結業績は増収減益となった。売上高は、石油製品の販売数量は減少したが、製品価格が上昇し、石化製品の販売数量が増加したことにより前年同期に比べ伸びた。営業損益は、石化事業が増収となったものの、石油事業では原油価格の上昇と需要低迷によってマージンが低調だった点、加えて前年同期にあった在庫評価益が今期は無かった点が響き損失となった。また、支払利息などの影響による営業外損失、そのほか特別損失の影響などもあり、経常損益と最終損益も前年同期比でマイナスだった。

売上高は前年同期に比べ3.0%増の8,213億9,600万円。営業損益は136億200万円の損失、経常損益は142億9,200万円の損失となり、最終損益は107億円の損失となった。なお、在庫評価分を除く調整後営業損益は94億円の損失であり、前年同期に比べ306億円のマイナスである。

20120516tonengeneral1Q.png.png


決算に関する詳しいリリースはこちら
http://www.tonengeneral.co.jp/news/

(櫻田光治)
posted by cherry at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

EMGM、2013年MORTコンテスト表彰式開催

EMGマーケティングは17日、都内のホテルで2013年MORT(マスター・オブ・ザ・ラウンド・テーブル)コンテスト表彰式を開催した。同コンテストは、全国のMobil 1マスターの称号を有するSSスタッフがオイルの販売数量を競う恒例の大会。2006年の開始以降、非常にレベルの高い大会が続いている。今回は総勢1,611人のMobil 1マスターが参加した。昨年は7月の1カ月間のみを審査対象期間としたが、今回は2013年の4月、7月、10月の3カ月間が対象となった。今年も高水準な取り組みとなり、同期間中でのMobil販売数量実績が認められた上位30人が表彰された。今回表彰された30人の販売数量は全体販売数量の12%を占めているという。Mobil 1マスターの獲得には高いレベルの販売スキルが求められ、更新試験もあるために常に高いクオリティの維持も要求される。今回の上位5位までの入賞者は以下の通り。1位:岡田久仁弘氏(大山石油・エクスプレス安曇川SS)、2位:樋口聡一氏(木村石油・五条大宮SS)、3位:龍揖優氏(イワセキ・江刺SS)、4位:村田達紀氏(鬼頭石油・八田SS)、5位:岡本卓也氏(大山石油・エクスプレス安曇川SS)。なお、プログラム2日目の翌18日には「Team IMPUL」ガレージ見学を実施、参加者は富士スピードウェイ・ショートサーキットで星野和義監督らの運転による同乗走行を体験するなど有意義な時間を過ごした。

【2013年MORT表彰式に招待された方々】
20140421emgm-mort2013.jpg.jpg


東燃ゼネラルグループのホームページはこちら
http://www.tonengeneral.co.jp/

モービル1スペシャルサイトはこちらから
http://www.emg-lube.jp/mobil1/


(櫻田光治)
posted by cherry at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

JXエネCMに能年玲奈さん

JX日鉱日石エネルギーは、NHK連続ドラマ小説「あまちゃん」で一躍時の人となった女優能年玲奈さんをイメージキャラクターに起用し、新テレビCM「ENEOS見学にようこそ 電気事業」篇の全国オンエアを3月29日から開始した。「そのエネルギーも、ENEOSです。」をキャッチコピーに、新CMシリーズで「総合エネルギー企業」「エネルギー変換企業」としての同社の企業像を幅広い視聴者に訴えていく。第一弾は東京ガスとの共同プロジェクトである同社川崎天然ガス発電所の見学模様をドキュメンタリータッチでまとめ、ENEOSが石油だけでなく、天然ガス、太陽光、風力などの資源を活用した電気事業にも取り組んでいることを紹介。

20140328jxenergy.jpg


エネゴリくんとの初共演を楽しみにしていたという能年さん。視聴者には初めて発電所に入って素でビックリした能年さんも含めて発電所の見学模様を楽しんで見てほしいとメッセージを残した。


詳しくは
http://www.noe.jx-group.co.jp/newsrelease/2013/20140328_01_0944355.html

(上村哲也)


posted by 鈴木零号 at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

極東石油工業、公称原油処理能力を2.3万b/d削減

東燃ゼネラル石油は3月24日、同社子会社である極東石油工業の常圧蒸留装置を2万3,000b/d削減し、公称能力を15万2,000b/dにすると発表した。経済産業省に変更届を提出し、受理された。同社はコンビナート内連携も視野に入れて生産性の向上に注力し、グループの製造設備構成の最適化を追求していくという。


東燃ゼネラル石油のニュースリリース(PDF)はこちらから
http://www.tonengeneral.co.jp/news/

(上村哲也)
posted by 鈴木零号 at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

JXエネが万能タイプの省エネグリース新発売

JX日鉱日石エネルギーは3月20日、省エネ性や用途幅に優れた「タフリックスグリースMP2」を発売した。

20140320JXenergy.jpg


同社で最上位にランクされる高性能グリースで、リチウムコンプレックス配合により極圧性、耐熱性、耐水性、長寿命などのあらゆる性能を兼ね備えた万能商品。軸受寿命やグリース補給間隔が延び、保全作業の軽減や作業環境の改善にもつながるという。


詳しくは
http://www.noe.jx-group.co.jp/newsrelease/2013/20140320_01_0944355.html

(上村哲也)
posted by 鈴木零号 at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


セキユの形

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。