2010年07月27日

東北電、火力技術継承へ訓練センターの建設着手

東北電力は、運転訓練施設(福島県)と保修訓練施設(宮城県)の2つを統合し、総合的なトラブル対応力の向上を目的とした教育訓練施設「火力技術訓練センター」を仙台火力発電所構内に設置する。熟練者の定年退職が増加するなか、実践的な教育訓練によって技術継承を急ぐ。同センターは8月30日に着工され、2012年7月に完成予定。2011年9月から訓練を一部開始する。

東北電力・火力技術訓練センター
(出所:東北電力)


詳しくは
http://www.tohoku-epco.co.jp/news/normal/1181626_1049.html
posted by 鈴木零号 at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電力関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

女川原発3号機、今月29日から定期検査入り

東北電力は、今月29日から女川原子力発電所3号機(沸騰水型軽水炉、定格電気出力82万5000kW)の第6回定期検査を約4カ月かけて実施する。


詳しくは
http://www.tohoku-epco.co.jp/news/atom/1181632_1065.html
posted by 鈴木零号 at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電力関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九電・玄海原発1号機、昨日に定期検査入り

九州電力は、玄海原子力発電所1号機(加圧水型軽水炉、定格電気出力55万9000kW)の第27回定期検査を昨日7月25日から実施した。約2カ月にわたり停止する予定。


詳しくは
http://www.kyuden.co.jp/press_100723-1
posted by 鈴木零号 at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電力関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

扇島パワー、今日から天然ガス火力2号機を稼働

東京ガスが75%、昭和シェル石油が25%出資する扇島パワーは、「扇島パワーステーション」2号機(出力40万7100kW)を完成し、営業運転を今日7月12日から開始した。

特定規模電気事業者(PPS)などへの電力供給を目的として建設を進めてきたもので、1号機は今年3月31日からすでに稼働。ガスタービンコンバインドサイクル方式を採用し、発電効率はともに最高約58%を誇るという。発電量は各号機とも同規模だが、残す3号機は建設時期が未定のまま。

「営業運転開始した2号機(手前側の設備)」

(出所:昭和シェル石油)


詳しくは
http://www.showa-shell.co.jp/press_release/pr2010/0712.html
posted by 鈴木零号 at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電力関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四国電力、今日から伊方原発1号機の送電開始

四国電力は7月12日、定期検査中の伊方発電所1号機(加圧水型軽水炉、定格電気出力56万6000kW)の送電を開始したと発表。昨日に臨界に達したとのことで、これから徐々に出力を上げながら各種試験を実施し、調整運転を続ける。8月5日は経済産業省の総合負荷性能検査を受け、通常運転に復帰する予定。


詳しくは
http://www.yonden.co.jp/press/re1007/1176642_1442.html
posted by 鈴木零号 at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電力関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


セキユの形

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。