2010年05月19日

西部ガス、間接部門子会社2社を合併で合理化

西部ガスは5月18日、同社が業務委託する完全子会社の「西部ガス設備点検」と「西部ガス業務サービス」を7月1日付けで合併し、社名を「西部ガス・カスタマーサービス株式会社」に変更すると発表。

両社の「ガス設備の法定点検」と「ガスメーターの検針・ガス料金の収納」業務の合理化・効率化によるコストダウンを図る一方、質の高いワンストップサービスを提供するため努力するという。これまで別々に接客していた業務が合併により連携強化に繋がるのならば、確かにこれは強みとなるのかもしれない。


詳しくは
http://www.saibugas.co.jp/info/kouhou/htmls/nr606.htm


posted by 鈴木零号 at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

東部ガス「エネファームお客さまインタビュー」

2010年1月からブログを開設した東部ガスは、「突撃お客さまインタビュー☆エネファーム編」(5月17日更新)をWeb上で公開した。今を時めく「エネファーム」。企業企画という点を差し引いても、ユーザーからの声は大いに参考になる。


詳しくは東部ガスブログへ
http://www2.tobugas.co.jp/blog/2010/05/kiji2873.html
posted by 鈴木零号 at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

大阪ガス、ゴーゴンLNGを沖縄電力に長期供給へ

大阪ガスは5月13日、2012年から27年間の長期にわたり年間40万トンのLNGを沖縄電力へ供給する主要条件覚書を締結した。沖縄電力が2012年から運転を予定しているLNG火力発電所向けに供給するもので、大阪ガスがLNG船を手配し、豪ゴーゴンプロジェクトから購入したLNGの一部を受入基地まで輸送する。

「ゴーゴン・プロジェクト」

(出所:大阪ガス)


詳しくは
http://www.osakagas.co.jp/company/press/pr_2010/1189152_2408.html
posted by 鈴木零号 at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

大阪ガス、スペインLNG基地事業に参画

大阪ガスは5月11日、スペイン大手電力会社「Endesa, S.A.」(エンデサ社)との間でスペイン・サグントLNG基地事業の20%持分取得で合意したと発表。欧州第1位のLNG輸入国であるスペインでは、現在6カ所のLNG基地が稼動しており、輸入量が年間2000万トンを超えるという。スペインでのLNG基地事業は政府の規制下で一定の事業報酬が保証されているようで、大阪ガスは長期にわたり安定的な収益を見込んでいる。


(出所:以下大阪ガス)

今年4月28日に同社100%出資で設立した「Osaka Gas UK, Ltd.」(大阪ガスUK社)を通じて取得するもので、エンデサ社の100%出資子会社「エンデサ・ヘネラシオン社」が同基地事業を保有。持分譲渡契約に定められた所定の条件が充足された後に持分は移転される。同国バレンシア州東部サグント港に立地する同基地のLNG受入気化能力は年間約640万トン。現在実施中の拡張工事が完了すれば、年間約760万トンとなる。大阪ガスは、この案件を含め欧州域内での事業管理や新規開拓を営む拠点として大阪ガスUK社を位置づけており、今後も海外エネルギーバリューチェーン事業に積極的に取り組み、欧州LNG市場でノウハウを積み、同地域での事業拡大を目指す。

「基地の所在地」



詳しくは
http://www.osakagas.co.jp/company/press/pr_2010/1189131_2408.html
posted by 鈴木零号 at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

東京ガス、5カ月前倒しで中央幹線を完成

東京ガスは5月7日、埼玉県内の草加ガバナステーション(草加市)から安行ガバナステーション(川口市)までを繋ぐ幹線パイプライン「中央幹線II期」(延長9.7km;口径600mm;約7MPa)の建設工事が予定より5カ月早く完了したと発表。5月20日にも供用を開始するという。一部区間でシールド工法を採用したことなどが前倒しに繋がったとのことで、これにより東京都江戸川区から埼玉県川口市までの中央幹線全線(全長32.9km)が完成した。総工事費は63億円。環状幹線の供給安定性はもとより、需要の増加を今後見込んでいる北関東エリアへの供給能力が大いに向上したとのこと。東京ガスが保有する高圧導管網は首都圏を中心に818kmとなった。


(出所:東京ガス)


中央幹線は、首都圏を囲む東京ガス環状幹線網(環状幹線)を南北に縦断しながら、東京湾岸に位置する都市ガス製造工場と北関東エリアを繋ぐ。中央幹線I期は環状幹線の中央を南北に連結するもので、2003年10月に建設を着工し、2009年1月から供用を開始。2007年5月から建設を開始した中央幹線II期は、環状幹線以北の北関東エリアにガスを供給する埼北幹線と最短で連結したもので、当初の工事完了が今年10月を予定していた。



詳しくは
http://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20100507-01.html
posted by 鈴木零号 at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。