2013年11月13日

10月外国車輸入販売、18カ月連続増

日本自動車輸入組合(JAIA)が発表した2013年10月時点での輸入車新規登録台数は前年同月比2.4%増の2万4,172台となり、16か月連続で前年同月を上回った。このうち、外国メーカー車に限れば、輸入車新規登録台数は2万13台と前年同月比28.2%の増加であり、18カ月連続で前年実績を上回っている。メルセデスベンツ、VW、BMWなど外国メーカーの低燃費小型車やクリーンディーゼル車の人気が続いている。

一方、日本メーカーの逆輸入車(海外生産車)は、前年同月に比べ47.9%減の4,159台で4カ月連続のマイナス。車種別では乗用車が同3.9%増の2万2,960台、貨物車が同19.0%減の1,1977台、バスは15台だった。

1112jaia10.png.png


日本自動車輸入組合の統計データ(PDF)はこちら
http://www.jaia-jp.org/j/stat/nc/

(櫻田光治)

posted by cherry at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

9月中古車登録台数は5カ月連続減少

日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表した2013年9月の中古車登録台数は、前年同月比4.3%減の29万3,040台にとどまり、5カ月連続で前年実績を下回った。エコカー補助金が昨年終了した影響により新車販売が伸びず、下取り市場へと流れる中古車登録車の数が停滞していることなどが理由に挙げられる。ただ、自販連は来年4月の消費増税を前にした駆け込み需要で新車への買い替えが生じるため、徐々に中古車登録の伸びも期待できるとみている。

車種別では普通乗用車が同3.0%減の12万6,646台、小型乗用車も同5.6%減の12万9,837台にとどまり、乗用車合計では4.3%減の25万6,483台となった。一方、貨物車(トラック)も同3.8%減の2万9,651台。内訳は普通トラックが同1.1%減の1万2,713台、小型トラックは同5.7%減の1万6,938台といずれも減少している。

20131018oldcar.gif


日本自動車販売連合会の統計データはこちらから参照可
http://www.jada.or.jp/contents/data/used. html

posted by 鈴木零号 at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

LNG輸入実現へカナダと協力声明

茂木敏充経済産業大臣は10月10日から13日までカナダに出張し、オリバー天然資源大臣との会談で同国からの競争力あるLNG調達の実現に向けた「石油・天然ガスに関する協力声明」に署名した。ブリティッシュ・コロンビア州のクラーク首相とも会談し、今後は港湾やLNG化施設などのインフラ整備への投資や輸出承認に向けた次官クラスによるハイレベル政策協議を早急に開催する予定。クラーク首相が近々訪日することも明らかになった。米国のほかにもLNG調達先を増やしたい日本は、安倍晋三総理大臣とハーパー首相が首脳会談を9月24日に開き、石油・天然ガスの協力強化に合意。カナダ産シェールガス輸入の早期実現に向け一歩前進した格好だ。

20131015canada.jpg


会談を終えた茂木経産相は、LNG輸出基地となるブリティッシュ・コロンビア州にあるモントニー地域のシェールガス田を訪問し、開発現場を視察。同ガス田は日本企業が参画するLNGプロジェクトであり、「LNGカナダ」プロジェクト(生産開始時期:2010年代末、生産規模:1,200万トン/年)の有力なガス供給源になる見込み。日本は原発停止により火力発電用に安価なガスの安定供給確保と調達先の多角化が急務となっており、カナダからのLNG輸入には大きな期待がかかっている。


詳しくは
http://www.meti.go.jp/press/2013/10/20131015009/20131015009.html
posted by 鈴木零号 at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

上半期外国車販売、好調続く低燃費車

外国メーカー車の輸入販売台数が依然として好調だ。フォルクスワーゲンやメルセデス・ベンツ、BMWなどの低燃費車がいずれも好調に販売を伸ばす。外国メーカー車の上半期(4〜9月)輸入車販売台数は16万8,340台で前年同期に比べて12.7%も伸びた。とくに低燃費小型車とクリーンディーゼル車の人気ぶりが目立ち、販売の伸びを支えている。

日本自動車輸入組合(JAIA)は10月4日、上半期輸入車新規登録台数(速報)を発表。上半期の外国メーカー車の輸入車新規登録台数は13万7,195台となり、前年同期より18.7%も増えた。一方、日本メーカーの逆輸入車の販売台数は7.9%減の3万1,145台にとどまった。新モデル投下の多寡が影響したと思われる。

20131007JAIA.gif


日本自動車輸入組合の統計データ(PDF)はこちらから参照可
http://www.jaia-jp.org/j/stat/nc/

posted by 鈴木零号 at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

8月中古車登録台数は前年比11.1%減

日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表した2013年8月の中古車登録台数は、前年同月比11.1%減の27万7,754台にとどまり、4カ月連続で前年実績を下回った。減少したのはエコカー補助金が終わった反動が主な原因である。新車販売が停滞しているために、その影響で下取り市場への中古車の登録台数自体が減少している。

車種別では普通乗用車が同9.1%減の12万777台、小型乗用車も同12.9%減の12万2,380台となり、乗用車合計が11.0%減の24万3,157台へと減った。一方、貨物車(トラック)は、同10.7%減の2万7,965台。内訳は普通トラックが同9.0%減の1万2,219台、小型トラックは同12.0%減の1万5,746台。

20130913oldcar.gif


日本自動車販売連合会の統計データはこちらから参照可
http://www.jada.or.jp/contents/data/used. html

(櫻田光治)
posted by 鈴木零号 at 15:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


セキユの形

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。