2013年09月22日

JX開発、サラワク沖で新鉱区権益取得

JX日鉱日石開発は9月19日、マレーシアの有望鉱区であるサラワク州沖深海「2F鉱区」の権益40%を取得した。100%出資のマレーシア法人「JX Nippon Oil&Gas Exploration(Offshore Malaysia)Sdn. Bhd.」(JXニッポン・オイル&ガス・エクスプロレーション)を通じ、国営石油会社ペトロナスと生産分与契約を締結したもので、オペレーターとして探鉱活動に取り組む。探鉱作業は4年間で試掘や電磁探査作業、三次元震探データ再処理などを実施する予定だ。

同鉱区はサラワク州沖北西に位置し、水深100〜1,200m、面積約5,500km2。同鉱区の権益は同社ほか、ペトロナスの子会社ペトロナス・チャリガリ(PETRONAS CARIGALI SDN. BHD.)が40%、GDFスエズE&Pマレーシア(GDF Suez E&P Malaysia B.V.)が20%を保有。

マレーシアは同社が探鉱事業で重視する主要国の1つで、今回の取得により計6鉱区目、オペレーター事業を担うのは4鉱区目となる。同社はオペレーターとしてサラワク州沖「SK10鉱区」のガス生産・開発事業、サラワク州陸上「SK333鉱区」とサバ州沖深海「R鉱区」で探鉱事業を推進。このうち「SK333鉱区」では昨年掘削した試掘井から油ガス層が発見された。このほか、サラワク州沖「SK8鉱区」でガス生産事業、マレー半島沖「PM308A鉱区」で探鉱事業にパートナーとして参画しており、サバ州沖深海鉱区「Deepwater Block R鉱区」で権益を取得している。


詳しくは
http://www.nex.JX-group.co.jp/newsrelease/2013/20130919_01_0794529.html

【参考資料】
20130920JX.gif

(櫻田光治)


posted by 鈴木零号 at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

カザフスタン・カシャガン油田の原油生産が開始

国際石油開発帝石も参加するガザフスタン・カシャガン油田の原油生産が9月11日に開始された。同油田は原油の原始埋蔵量が350億バレルに上り、可採埋蔵量が90億〜130億バレルと世界でも有数の巨大油田。初期生産量は18万b/dの計画だが、第一段階の生産目標は37万b/dとしている。同鉱区ではこのほか4つの既発見未開発構造が確認されており、将来的に生産量が大幅に増加する可能性があるという。

20130912Kashagan.png

子会社のインペックス北カスピ海石油を通じて参加しているプロジェクトで、北カスピ海沖合鉱区の面積は約5,575㎢。同国アティラウ州都より南東約80q離れ、75q×45qに及ぶ広さで、水深約3〜5mの海底下4,200mに位置している。1997年にカザフスタン政府との間で石油契約を結び、2000年にカシャガン油田を発見。評価井掘削作業などを実施した結果、2004年に商業的発見宣言に至った。国際石油開発帝石は1998年に同鉱区の権益を取得。カザフスタン国営石油会社のケーエムジー、エニ、エクソンモービル、シェル、トタル、コノコフィリップスと共同し、同プロジェクトの操業会社であるノース・カスピアン・オペレーティング・カンパニー(NCOC:North Caspian Operating Company)を通じて開発作業を推進してきた。権益比率はケーエムジー、エニ、エクソンモービル、シェル、トタルが各16.81%、コノコフィリップスが8.40%、インペックス北カスピ海石油が7.56%。インペックス北カスピ海石油は1998年に設立され、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の出資と債務保証を受けている。同社にはJOGMECが50%、国際石油開発帝石が45%、石油資源開発と三菱商事が各2.5%出資。


詳しくは国際石油開発帝石のプレスリリース(PDF)へ
http://www.inpex.co.jp/news/index.html

(上村哲也)
posted by 鈴木零号 at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

出光、ノルウェー領バレンツ海探鉱鉱区で油の集積を発見

出光興産は9日、ノルウェー領海探鉱鉱区で権益20%を保有している「探鉱鉱区PL537」の「ウィスティング・セントラル(Wisting Central)」構造で油の集積を発見したことを明らかにした。今後、詳細な評価・検討を実施する予定だが、推定可採埋蔵量は6,500万〜1億6,500万バレルに上り、出光の権益分が1,300万〜3,300万バレルを見込んでいる。
同構造は、バレンツ海に位置し、離岸距離は約270km、水深は約370m。近年、油・ガスの発見が報告されていた。同社子会社の出光スノーレ石油開発がノルウェー現地法人出光ペトロリアムノルゲを通じて参加しているもので、今回試掘井の海面下905mまでの掘削に成功。詳細な地質データを収集した結果、50〜60mの油の集積を確認した。

【鉱区位置図】
20130909idemitsu.gif

PL537の探鉱鉱区は2008年にノルウェー政府が実施した20次公開鉱区入札で取得した探鉱鉱区の1つ。同鉱区の面積は594km2に及び、オペレーターの「OMV(Norge)AS」(オーエムブイ)が25%、「Petoro AS」(ペトロ)と「Tullow Oil Norge AS」(タローオイル)が各20%、「Statoil Petroleum AS」が15%出資している。


詳しくは
http://www.idemitsu.co.jp/company/news/2013/130909.html

(櫻田光治)
posted by 鈴木零号 at 19:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 開発部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

JAPEX、イラクで原油生産を開始

石油資源開発(JAPEX)がイラクのガラフ油田の原油生産を8月31日(現地時間)に開始した。同プロジェクトの原油生産は当面3.5万b/d規模に上り、2017年には23万b/dまで増産する計画だ。同社は日本への原油安定供給に貢献することを視野に、契約に基づく原油引取分(30%)を日本へ持ち込み、現在販売方針を検討中だという。

20130902_Iraq_Garraf2.jpg


同油田はイラク南部ジカール県(ナシリアの北85km)に位置し、2009年にイラク石油省が実施した第2次国際入札で、マレーシア国営石油会社ペトロナスと共同で落札・獲得。JAPEXは子会社のジャペックスガラフを通じて参加している。イラク国営南部石油会社(South Oil Company)と開発生産サービス契約を結んだ後、2011年6月から坑井掘削作業を開始。開発請負社の参加比率はペトロナスが45%、ジャペックスガラフが30%、国営北部石油会社(North Oil Company)が25%である。開発コストは国営北部石油会社の分も両社が負担し、ペトロナス60%、ジャペックスガラフ40%の比率。ジャペックスガラフは2010年3月に設立され、JAPEXが55%、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が35%、三菱商事が10%出資している。

20130902_Iraq_Garraf.gif


詳しくはニュースリリース(PDF)を参照
http://www.japex.co.jp/newsrelease/

(上村哲也)
posted by 鈴木零号 at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

INPEX、ロスネフチとオホーツク海で共同探査へ

国際石油開発帝石(INPEX)は5月29日、ロシア国営石油会社ロスネフチとオホーツク海沖合の鉱区に関する協力協定を結んだと発表した。同鉱区の周辺地域はこれまで十分な探鉱活動を実施されていない未開発地域で、石油・天然ガスの発見に期待が持てる。探鉱・開発事業にかかる最終契約締結に向けた排他的交渉権がロスネフチから付与され、INPEXは2013年内には最終契約を締結したい意向だ。最終契約を結んだ後は、同鉱区の探鉱作業を実施するため、ロスネフチとジョイントベンチャー(JV)会社を設立。このうちINPEXが株式33.33%を取得する見込みだ。探鉱が成功すれば、同JV会社が開発と生産作業を担うことになる。ロスネフチによれば、推定埋蔵量は石油換算で15億7,700万トンに及ぶ。

マガダン2鉱区及び3鉱区


詳しくは国際石油開発帝石のプレスリリース(PDF)へ
http://www.inpex.co.jp/news/index.html

ロスネフチのプレスリリースは
http://www.rosneft.com/news/pressrelease/29052013.html
posted by 鈴木零号 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。