2013年10月23日

東燃グループ2社がEBM目標を達成

東燃ゼネラル石油はこのほど、優れたエネルギー効率を有するエネルギーベンチマーク(EBM:Energy Benchmark)目標達成事業者として経済産業省資源エネルギー庁より認定を受けた。昨年に続いての認定となり、石油精製業者としては業界唯一の目標達成事業者。また、同社子会社の東燃化学も石油化学系基礎製品製造業者9社の中から唯一の目標達成事業者に認定された。

<プラントの一体運営を追求する同社川崎工場>
20131016tonen.gif


電力や製鉄、製紙業などと同様に石油精製や石油化学もエネルギー効率が事業の重要な鍵を握る。製油所が保有する常圧蒸留装置や減圧蒸留装置、その他の改質装置や脱硫装置、ボイラー設備など様々な装置の構成や通油量の差異により効率性は大きく変わる。EBM認定は、経産省が石油連盟加盟各社とそのグループ会社14社25カ所の製油所を対象に2012年度定期報告結果に基づき審査。同社の3工場は日本国内の平均的な製油所に比べてエネルギー効率が約15%程度優れているという点が高く評価された。同社発表の推定値によれば、エネルギー効率15%を実現することで年間約150億円のコスト削減と同等の効果が得られるとしている。仮に国内全ての製油所が同社3工場と同じ効率で操業したと仮定すると、日本国内の全製油所が年間で排出するCO2量約3,800万トン(2011年実績)の15%に相当する約570万トンのCO2削減ができる計算になるという。


東燃ゼネラル石油のニュースリリース(PDF)こちらから
http://www.tonengeneral.co.jp/news/


posted by 鈴木零号 at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

JXエネ、2020年プロジェクト室設置

JX日鉱日石エネルギーは10月10日付けで総合企画部内に「2020年プロジェクト室」を新設する。2020年は同社が誕生して10年目の節目の年。総合エネルギー企業の実現に向け中期的な事業戦略の企画立案や様々な施策を実行するための専任組織として機能させる方針。また、同日付で人事異動も併せて発表。内田倫義総合企画部副部長が2020年プロジェクト室長を兼任する。

20131009JX.gif


詳しくは
http://www.noe.jx-group.co.jp/newsrelease/2013/20131009_01_0970780.html
posted by 鈴木零号 at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

ダウジョーンズ構成銘柄にJXHD株式が継続採用

JXホールディングスは9月17日、世界的なSRIインデックスであるDJSI(Dow Jones Sustainability Index)のアジア・太平洋版(DJSI Asia Pacific)の構成銘柄に継続採用されたと発表。同社が発足してから4年連続の採用であり、長期にわたる持続的成長の期待できる企業として改めて評価されたという。アジア・太平洋版では同地域の大企業600社の中から152社(うち日本企業68社)が選ばれている。

詳しくは
http://www.hd.jx-group.co.jp/newsrelease/2013/post_10.html

(上村哲也)
posted by 鈴木零号 at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

AOCHD、富士石油として10月1日から再出発

AOCホールディングスは10月1日付けで完全子会社の富士石油を吸収合併し、永年親しまれてきた富士石油へ商号変更して石油下流事業を軸に再出発する。5月30日の取締役会で同案件を決議、6月26日開催予定の定時株主総会で定款変更の承認を経て正式に決定。同社は2003年1月に富士石油とアラビア石油の純粋持株会社として設立。だが、アラビア石油は石油開発事業の再構築が困難を極め、上流事業から実質的に撤退。AOCHDは石油下流部門を軸としたグループの再構築を図ってきたが、同社自体が中核事業会社としてグループ全体を牽引していくため、合併した方が業務の効率化や合理化などを進められると判断した。合併後にはAOCHDの役員が半数近く退任し、富士石油からの役員の大半が存続会社で新任されるなど人事も刷新。武田邦靖会長も退任する。

詳しくは2013年5月30日のニュースリリース(PDF)
http://www.aochd.co.jp/newstopics/
posted by 鈴木零号 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

東燃ゼネ1-3月 円安効果で好調 輸出数量は拡大 石化事業も増益

東燃ゼネラル石油の2013年12月期第1四半期連結決算は増収増益と好調なスタートを切った。売上高は前年同期比10.2%増の7,976億3,500万円、営業利益は40.6%増の427億900万円、経常利益は39.8%増の414億5,800万円、四半期純利益は2.7%増の251億8,200万円。円安により原油・製品価格が上昇したことから742億円の増収だった。白油の輸出マージンは円安により拡大し、輸出数量は54%増加。石油化学事業は同四半期ではリーマンショック以来となる最高益となった。在庫評価益などを除く営業利益は212億円。
なお、通期業績予想は2月14日公表時より円安要因と在庫評価益を見込み、上方修正している。売上高は前年同期比11.5%増の3兆1,000億円、営業利益は130.8%増の630億円、経常利益は170.8%増の610億円、最終利益は39.7%減の330億円。

詳しくはこちらから
http://www.tonengeneral.co.jp/ir/library/
posted by 鈴木零号 at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。