2015年03月25日

東燃ゼネラル、健康経営銘柄上場22社に

20150325health従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる「健康経営銘柄」上場22社に、石油業界から東燃ゼネラル石油が選ばれた。日本再興戦略に位置付けられた「国民の健康寿命の延伸」に対する取り組みの1つとして経済産業省と東京証券取引所が共同で実施したもので、3月25日に都内で発表。健康経営銘柄を公表していくことで、従業員の活力向上や生産性向上といった組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながるほか、国民の生活の質向上や国民医療費の適正化など社会課題の解決に貢献するというのが導入の狙いだ。

20150325health1

健康経営銘柄は、東京証券取引所の上場会社の中から業種区分毎に1社選定して紹介される。まず従業員の健康に関する取り組みについて経済産業省がアンケート調査を実施。回答のあった企業の1.経営理念・方針、2.組織・体制、3.制度・施策実行、4.評価・改善、5.法令遵守・リスクマネジメントの5つの側面からスコアリングし、各業種上位企業の中から財務面でのパフォーマンスが良い企業を選ぶというもの。


東燃ゼネラル石油のニュースリリース(PDF)はこちらから
http://www.tonengeneral.co.jp/news/

経済産業省のニュースリリースは
http://www.meti.go.jp/press/2014/03/20150325002/20150325002.html

東京証券取引所ニュースリリースは
http://www.jpx.co.jp/news/0010/20150325-01.html

(上村哲也)
posted by 鈴木零号 at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

JXエネCMに能年玲奈さん

JX日鉱日石エネルギーは、NHK連続ドラマ小説「あまちゃん」で一躍時の人となった女優能年玲奈さんをイメージキャラクターに起用し、新テレビCM「ENEOS見学にようこそ 電気事業」篇の全国オンエアを3月29日から開始した。「そのエネルギーも、ENEOSです。」をキャッチコピーに、新CMシリーズで「総合エネルギー企業」「エネルギー変換企業」としての同社の企業像を幅広い視聴者に訴えていく。第一弾は東京ガスとの共同プロジェクトである同社川崎天然ガス発電所の見学模様をドキュメンタリータッチでまとめ、ENEOSが石油だけでなく、天然ガス、太陽光、風力などの資源を活用した電気事業にも取り組んでいることを紹介。

20140328jxenergy.jpg


エネゴリくんとの初共演を楽しみにしていたという能年さん。視聴者には初めて発電所に入って素でビックリした能年さんも含めて発電所の見学模様を楽しんで見てほしいとメッセージを残した。


詳しくは
http://www.noe.jx-group.co.jp/newsrelease/2013/20140328_01_0944355.html

(上村哲也)


posted by 鈴木零号 at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

室蘭製油所の煙突が室蘭マリンブルーに

JX日鉱日石エネルギーは昨年10月から11月にかけて実施した「室蘭製油所の集合煙突塗り替えキャンペーン」の投票結果を集計し、色彩発表記念式典を1月26日に道の駅みたら室蘭で開催した。総投票数7,534票のうち「A案 室蘭マリンブルー」が2,931票とやや抜きん出て決定された。式典では室蘭製油所の三ツ井所長が4月に室蘭製造所に生まれ変わる旨を報告した後、青山室蘭市長と除幕式を実施。式典後は室蘭工場夜景の一角を担う同社製油所の夜間見学バスツアーも催された。参加者は約100人。同キャンペーンは室蘭・登別・伊達市の住民を巻き込んで同社製油所の集合煙突を地域の資産として活用する企画。B案のJXエメラルドグリーンは2,556票、C案のENEOSレッドは2,047票だった。

20140127JXenergy.jpg


詳しくは
http://www.noe.jx-group.co.jp/information/2013/20140127_01_0952762.html
posted by 鈴木零号 at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

JAPEX、第2Q業績予想を上方修正

石油資源開発(JAPEX)は、2014年3月期第2四半期累計期間の連結業績予想を上方修正した。売上高、営業利益、経常利益、四半期純利益のいずれも今年5月10日に公表した予想数値を上回る見通し。増収増益の要因には、海外買入商品原油の販売数量の増加や原油・天然ガスの販売価格の上昇、為替レートの変動、持分法による投資利益の増加などがある。なお、通期業績は海外プロジェクトの同社連結業績への影響、原油CIF価格、為替レートの変動などが不確定であるため、前回公表した予想数値を据え置くとしている。

今回の修正により、売上高は前回発表数値に比べ20.6%増の997億4,100万円、営業利益は同24.2%増の115億4,400万円、経常利益は同59.7%増の199億200万円、四半期純利益は同64.1%増の158億8,300万円。

20131028japex.gif


石油資源開発のニュースリリース(PDF)はこちらから
http://www.japex.co.jp/newsrelease/
posted by 鈴木零号 at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

伊藤忠エネ、好調な第2Q業績見込み発表

伊藤忠エネクスは好調な業績を背景に2014年3月期第2四半期(2013年4月1日〜2013年9月30日)の連結業績見込みを発表した。同期間の連結業績予想は開示されていなかったが、業績が順調に伸びたことにより売上高、営業利益、経常利益は増収増益の見込みで、投資有価証券売却による特別利益の発生で最終利益を押し上げるという。

売上高は5.5%増の6,911億円、営業利益は同7.6%増の48億円、経常利益は同10.7%増の51億円、四半期純利益は同81.0%増の29億円。なお、通期業績予想は今年5月2日発表の業績予想を変更していない。2014年3月期第2四半期の決算公表は10月30日を予定。

20131025itcenex.gif


伊藤忠エネクスのニュースリリースはこちらから
http://www.itcenex.com/newsrelease/

posted by 鈴木零号 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


セキユの形

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。