2010年05月14日

東ガス・大ガス、スマートエネルギー実証乗り出す

東京ガスと大阪ガスは、電気だけでなく、熱も有効利用できるという「スマートエネルギーネットワーク」の実証事業を今月から共同で開始する。経済産業省「分散型エネルギー複合最適化実証事業」に今日5月14日に採択されたもので、分散型エネルギーシステムに再生可能エネルギー、未利用エネルギーを大幅に導入し、情報通信技術を駆使してエネルギー需給を最適に制御する。両社は同事業で3割以上のCO2削減を見込んでおり、詳細設計後に実証事業を開始し、データの取得・解析はじめ、システム改良を進めていく。

両社が取り組む実証事業はそれぞれ性格が異なる。東京ガスは東京都荒川区の特定エリアで進めるのに対し、大阪ガスは大阪近県の広域にわたり融通する。前者をシステムA、後者をシステムBと名付け、それぞれが担当。太陽光発電などは天候などに左右されやすいため、出力が安定しない。これを補完するのがコージェネレーションシステムであり、同事業の要となっている。蓄電設備容量を低減できるし、現実的で実効性の高いシステムと思われる。


(出所:以下大阪ガス)


東京ガスのシステムAは、「東京ガス千住テクノステーション」(東京都荒川区)に設置する高効率コージェネ、太陽熱集熱装置、太陽光発電装置から供給される電力・熱を、敷地内の複数の建物間で融通。荒川区が事業協力し、区道を横断して敷設する熱導管を通じて荒川区立特別養護老人ホームに熱を融通する。主要機器は、コージェネが300kWと700kWを1台ずつ、太陽光発電装置が約90kW、2カ所に分散する太陽熱集熱装置が約300m2とのこと。




大阪ガスの「システムB」は、既存の地域冷暖房施設「岩崎エネルギーセンター」(大阪府大阪市)に加え、4カ所程度に設置する太陽光発電装置(兵庫県加古川市、滋賀県湖南市など)、5件程度の大阪ガス顧客のコージェネを繋ぎ、電力融通することを想定し、最適化制御を実現する遠隔監視制御システムを構築するという。主要機器は、岩崎エネルギーセンターコージェネが175kW(35kW×5台)、大阪ガス顧客のコージェネが800kW規模を5台、4カ所程度に分散する太陽光発電装置が180kW、太陽集熱装置が100m2とのこと。






東京ガスと大阪ガスの両社は、2010年4月に経済産業省が設立した「スマートコミュニティ・アライアンス」に参画、スマートコミュニティの推進に積極的に取り組んでおり、同省の「次世代エネルギー・社会システム実証事業」にも参画。ガス業界に対する国のエネルギー政策は好意的である。
一方、両社はおそらく天然ガスコージェネの設置を想定していると思われるが、防災やエネルギーの安全保障という点で、石油やLPガスの優位性を忘れてもらっては困る。阪神・淡路や中越地震でインフラが崩壊する様をまざまざと見せられてきた訳だから、コージェネの燃料源が天然ガスだけではかなり勿体ない。パイプラインは復旧するまでに時間がかかる。石油のノーブル・ユースに縛られることなく、エネルギーリスクを分散し、国民に安全で安心な暮らしを提供できるよう、エネルギーのベスト・ミックスを実現してほしい。ピーク電力への対応に優れている石油を使用することは「石油の有効利用」に資する。当然のことながら、天然ガスの世界消費量が増加すれば、枯渇年数が減少する訳だから、どちらかが突然手に入らなくなっても対応できる体制は社会構造上望ましいことと言えるであろう。


大阪ガスのプレスリリースは
http://www.osakagas.co.jp/company/press/pr_2010/1189172_2408.html


posted by 鈴木零号 at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

省エネセンター、都排出量取引など検証機関に

財団法人省エネルギーセンター(ECCJ)は5月11日、2008年度6月の「東京都環境確保条例」の改正により大規模事業所に導入された「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」の検証機関として認定を受けたと発表。登録区分は特定ガス・基準量(旧)とのこと。

同制度では燃料や熱、電気などのエネルギー使用量が3カ年連続で年間1500KL(原油換算)以上の事業所を対象に、年間CO2排出量を算定し、第三者検証機関の検証結果報告書を添えて提出することが義務づけられている。同センターは「省エネルギー推進の中核実施機関として実績を積み重ねてきた」と自負しており、省エネ診断業務などの豊富な経験に基づき、適切に検証するという。


詳しくは
http://www.eccj.or.jp/whatsnewj/100511/index.html
posted by 鈴木零号 at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つくば低炭素交通社会システム実証が正式スタート

伊藤忠商事は、伊藤忠エネクスら15社や関係団体と協力し、つくば市で展開する「クリーンエネルギーを活用した低炭素交通社会システムの共同実証プロジェクト」(2009年11月27日ニュースリリース)を「Green Crossover Project」(グリーン・クロスオーバー・プロジェクト)と命名し、今日5月12日から正式にスタートした。


国内初となる民間主導の同プロジェクトは、ガソリンスタンド(SS)やコンビニの店舗をベースとし、電気自動車(EV)、急速充電器、定置用蓄電池、太陽光発電、カーシェアリングを連携させた低炭素交通社会システムを実証するための総合的・複合的な取り組み。ファミリーマート「つくば研究学園店」と伊藤忠エネクスのガソリンスタンド「学園東大通りCS店」(同社は従来のサービスステーションを総合カーライフステーションと位置づけている)を交通インフラの中心として展開する。


(出所:以下伊藤忠商事)※図を修正しました。画面をはみ出す場合は、お手数ですが、「再読み込み」をお願いします。


協力企業15社にはマツダ、ファミリーマート、伊藤忠エネクス、伊藤忠テクノソリューションズ、オリエントコーポレーション、東京センチュリーリース、日本カーソリューションズ、東京アールアンドデー、EnerDel Inc (米)、Th!nk (ノルウェー)、キューキ、興電機製作所、日本エコシステム、伊藤忠エレクトロニクス、ウインド・カーが名を連ねるほか、アドバイザリー・コミッティーとしてつくば市、産業技術総合研究所、日本自動車研究所、日本総合研究所が参加。


「ファミリーマートつくば研究学園店に設置された太陽光発電システムと電気自動車」


「伊藤忠エネクス学園東大通りCS店の太陽光発電システム、電気自動車、急速充電器」



詳しくは
http://www.itochu.co.jp/ja/news/2010/100512.html
posted by 鈴木零号 at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

昭シェル、宮崎第3工場にメガソーラー設置へ

昭和シェル石油は4月28日、今年4月より社名変更した100%出資子会社「ソーラーフロンティア株式会社」(旧社名:昭和シェルソーラー)が現在建設中の宮崎第3工場(国富工場)にCIS薄膜太陽電池を使用した2000kW相当の大規模太陽光発電設備(メガソーラー)を設置すると発表した。


昨年9月に建設発表した国富工場(年産能力90万kW)内の屋根部分に設置するもので、2011年初頭には発電を開始する予定。太陽光を活用した国富工場への自家発電ができるため、より環境負荷の低い製品を生産することができるという。昭シェルはCIS太陽電池パネルを活用した発電事業のパフォーマンスを検証し、今後の製品改良と事業展開に生かしていく考え。

同事業は、ソーラーフロンティア宮崎第2工場のメガソーラー設置と同様に、宮崎県とソーラーフロンティアとの間で締結した「太陽光発電事業に関するパートナーシップ協定」に基づく同県の補助事業、一般社団法人新エネルギー導入促進協議会の「平成21年度地域新エネルギー等導入促進事業」として実施するもの。

「ソーラーフロンティア新ロゴ」

(出所:昭和シェル石油)


詳しくは
http://www.showa-shell.co.jp/press_release/pr2010/042802.html
posted by 鈴木零号 at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

ほくでん2008年度風力募集の未達分は寿都町で

北海道電力(ほくでん)は4月26日、2008年6月に実施した風力発電事業者5万kW分募集の抽選枠・自治体枠未達分が寿都町(すっつちょう)の風力発電設備(4600kW)に決まったと発表。


ほくでんの風力発電連携状況は、既設のもので約26万kWに及ぶ。このほか、東京電力とは2014年度を目処に合計10万〜20万kW程度を目標に、風力発電導入拡大の実証試験として新規導入を予定しており、北海道の立地特性を活かすようだ。



詳しくは
http://www.hepco.co.jp/info/2010/1186866_1424.html


当ブログ既報記事「ほくでん、風力系統連携5万kWの一部決定」2009年4月22日
http://sekiyunokatachi.seesaa.net/article/117914262.html

(追記)11:28
東京電力との目標は「10万〜14万」ではなく、「10万〜20万kW」ですので、本文を修正いたしました。
posted by 鈴木零号 at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。