2015年03月30日

出光、電力・ガス社と石炭火力検討へ

出光興産は3月27日、九州電力と東京ガスの3社と共同で石炭火力発電所開発に向けた検討を進めることで合意した。千葉県袖ケ浦市に超々臨界圧方式の100万kW規模の発電機を2基設置し、電力小売りの全面自由化を睨んで2020年中頃に運転を開始する計画。今年5月には特別目的会社(SPC)の「(仮称)株式会社千葉袖ケ浦パワー」を3社から均等出資し、取締役を派遣する。設立時の資本金は4億9,800万円、資本準備金も4億9,800万円。

それぞれの持つバリューチェーンなどの強みを生かし、より安全、安定的、安価な電力供給を実現することで、エネルギー企業として社会的要望や期待に応えていきたいという。

千葉袖ケ浦パワー概略位置図


出光興産のニュースリリース(PDF)はこちらから※以下3つのリンクの内容は同じものです
http://www.idemitsu.co.jp/company/news/index.html

九州電力のプレスリリースは
http://www.kyuden.co.jp/press_h150327b-1.html

東京ガスのプレスリリース(PDF)は
http://www.tokyo-gas.co.jp/Press/list.html

(上村)



スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電力関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。