2014年09月02日

国際帝石がマレーシア鉱区の権益一部譲渡で合意

国際石油開発帝石は9月1日、オペレーターとして参加しているマレーシア国サバ州沖深海S鉱区の権益25%を、オーストラリアのサントス社に譲渡することで合意したと発表した。2012年1月に同鉱区を取得した後に三次元地震探鉱のデータ収録作業と解釈作業を実施しており、その評価結果を踏まえて今年中に試掘井を掘削して石油・天然ガスの埋蔵量などを調査する計画。サントス社がオーストラリアでの操業経験が豊富で、同社とバユ・ウンダンプロジェクトやイクシス周辺鉱区など数多くのプロジェクトを共同で実施しており、今回の権益譲渡を通じて一層の関係強化を期待しているという。


同鉱区はマレーシア東部沖合に位置し、水深が200〜1,500m、面積が約574㎢。キケ油田やガムスット油田など大規模油田が発見されるなど、石油・天然ガスの発見が期待できる有望なエリア。子会社のインペックス北西サバ沖石油を通じて、ペトロナス社の子会社ペトロナスチャリガリと探鉱作業を実施。


国際石油開発帝石のプレスリリース(PDF)はこちらから
http://www.inpex.co.jp/news/index.html

(上村哲也)





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。