2014年03月18日

丸紅がウルグアイ洋上LNGの運営事業に参画

丸紅は3月17日、欧州ガス・電力大手のGDF SUEZがウルグアイで進める洋上LNG受入・貯蔵・再気化サービス事業に参画することで合意したと発表。GDF SUEZの子会社であるInternational Power S.A.(IPSA)がスペインに設立した投資会社へ50%出資し、完全子会社のGNLS S.A.(GNLS)に参画する。首都モンテビデオ近郊のラプラタ河上に世界最大級のLNG貯蔵能力を誇る浮体式貯蔵・再気化設備(FSRU)を接岸して新設するLNG受入ターミナル。同ターミナルは2015年7月に操業開始を予定しており、操業開始後15年の長期期間にわたりサービスを提供するというもの。ウルグアイ初の洋上LNG受入ターミナルの案件であり、日本企業にとっても世界初の参画となる。丸紅は同案件を足掛かりに洋上LNG受入ターミナル事業分野での世界展開を目指す。


詳しくは
http://www.marubeni.co.jp/news/2014/release/00019.html

(上村哲也)





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。