2014年02月07日

JX、韓国SKLに潤滑油ベースオイル原料出荷

JX日鉱日石エネルギーは、韓国SKグループのSKルブリカンツ社(SKL)と共同で潤滑油ベースオイル製造事業に取組んでいる。同社は2月5日、水島製油所よりSKL社の蔚山(ウルサン)製油所に潤滑油ベースオイルの原料を初出荷し、7日には荷揚げを完了したと発表した。潤滑油製品は、潤滑油ベースオイルに各種添加剤を配合して製造する。今回出荷したのは、一般潤滑油用ベースオイルでは最高グレードの「グループV」。温度変化に対し粘度が変化しにくい高粘度であり、低蒸発性、低温粘度特性にも優れた特性を持つ。

潤滑油製品は、省燃費・長寿命化が主流となっている。今後、高品質な潤滑油製品向けの基材として「グループV」ベースオイルはより一層の需要拡大が見込まれている。同社は、今後も水島製油所から同ベースオイルの原料を継続的に出荷する方針。高いコスト競争力が強みである「グループV」ベースオイルを安定的に確保し、世界規模での潤滑油製品の販売拡大を狙う。


詳しくは
http://www.noe.jx-group.co.jp/newsrelease/

(櫻田光治)





スポンサード リンク

posted by cherry at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。