2014年01月30日

EMGM、2014年代理店・特約店会議開催

EMGマーケティングは、各地で2014年の代理店・特約店会議を開催した。1月27日には東京地区の会議が都内ホテルで開かれ、ディーラー関係者700人に加え、関係各社からも150人が参加する大規模な大会となった。プログラムは、永年契約表彰はじめ出席マネジメントの紹介、廣瀬隆史社長と今澤豊文副社長による2014年の同社グループ戦略方針についてプレゼンテーションなどを実施。会議終了後には賀詞交歓会も開かれ、参加者全員が親睦・交流を深め、グループとして今後のさらなる結束を誓い合った。

20140130emgm-hirose.jpg
【挨拶する廣瀬EMGマーケティング社長】

東京地区会場で廣瀬社長は、新体制として初年度となった2013年を振り返ったあと、2014年度の新たな事業方針を語った。三井石油の連結子会社化や北米リンク価格でのLPガス購入、コスモ石油や昭和シェル石油などとの4社連携によるLPガス元売事業統合などを例に挙げ、5カ年の中期経営計画に沿ってコアビジネス強化と成長戦略を図ると述べた。廣瀬社長は「日本のエネルギー産業の中核」をなすグループを目指すとし、会場の参加者に向け強固な「ワンチーム」となるように呼びかけた。続いて今澤副社長は、2014年は「効率化の追求」と「投資や提携による規模の拡大」が重要になると述べた。既存店改造型の店舗開発、フルSSへのnanacoプログラムの展開、ハンディターミナルなどツール類の導入、ドトールとの併設店舗開発の強化など「プログラムにより磨きをかけていく」と具体的に説明。そのためにも、代理店・特約店との「コミュニケーション」を図り、戦略の共有が今年も大事だと訴えた。


(櫻田光治)





スポンサード リンク

posted by cherry at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。