2014年01月14日

洋上風力コスト、陸上比で最大4倍弱

経済産業省・資源エネルギー庁は、洋上風力発電の適正な電源調達価格設定に向けた研究会の検証結果を発表した。現行の再生エネルギー固定価格買取制度(FIT)では、陸上風力を前提に風力発電の調達価格が設定されている。今回外部有識者で構成する「洋上風力の調達価格に係る研究会」は、実証事業の成果や事業者ヒアリング、実現可能性調査、海外事例などを分析し、着床式洋上風力のコストを算出。陸上風力に比べ建設費で最大3倍弱、運転維持費でも最大4倍弱のコストがかかるという結果が出た。同庁は今回の報告を踏まえ、2014年度の買取価格を検討する予定。

今回の報告では、実証事業での建設コスト、比較的条件の良い海域での建設コスト、沖合で大型風車の建設コストの3つのパターンを検証。それぞれのコストの中身は、洋上風力発電事業化にかかる調査・設計・設備・工事費からなる「資本費」と運転する際の「運転維持費」に分かれる。着床式洋上風力発電のコストは、「資本費」が1kW当たり45万〜70万円、「運転維持費」が年間1kW当たり1.5万〜3万円となった。国内平均の陸上風力発電施設にかかる「資本費」1kW当たり30万円と「運転維持費」同0.6万と比べ、「資本費」で1.5〜2.6倍、「運転維持費」も4倍弱となっている。


詳しくはこちらから
http://www.meti.go.jp/press/2013/01/20140107001/20140107001.html


(櫻田光治)





スポンサード リンク

posted by cherry at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。