2013年12月27日

伊藤忠エネクス:JENが風力発電株取得

伊藤忠エネクスは25日、子会社のJENホールディングス(JEN)が日本風力開発(JWD)の孫会社である胎内ウィンドファーム(TWF)の発行済み株式の全てを取得すると発表した。これにより、TWFは同社の孫会社となる。TWFは現在、固定価格買取制度(FIT)の適用により風力発電所を新潟県胎内市に建設中であり、2014年8月末の完成予定だ。同社は、グループで掲げる中期経営計画の中で電力事業を注力分野に位置づける。今回、JENがTWFを子会社化することにより、再生可能エネルギーを含む多様な電源確保と発電能力の増強を狙う。

新潟の風力発電所が完成すれば、同社グループにとってJEN玖珠ウインドファーム(大分県玖珠郡)、JEN昆布盛ウインドファーム(北海道根室市)に続く3つ目の風力発電所となる。新たな風力発電所は、総定格出力20,000kWのダウンウィンド型風車設備10基を備える。同社は、こうした再エネ活用による発電事業を強化し、既存のコア事業である石油製品・LPガス販売事業とのシナジー効果を目指す。

20131226jen.png.png


詳しいリリース(PDF)はこちら
http://www.itcenex.com/newsrelease/2013/pdf/131225.pdf

(櫻田光治)





スポンサード リンク

posted by cherry at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。