2013年12月12日

SF社、CZTS太陽電池変換効率で世界新

ソーラーフロンティア(SF社)は、IBMや東京応化工業との3社連携による太陽電池の共同研究で、CZTS太陽電池セル(0.42cm2)のエネルギー変換効率12.6%の実現に成功した。これまでの記録は同研究チームが2012年に達成した11.1%で、今回はそれを上回る世界新記録。CZTS太陽電池の主成分は、銅、亜鉛、スズ、硫黄、セレン(Copper、Zinc、Tin、Sulfer、Selenium)で、レアメタルを使用せず、入手が容易で安価な原材料を使う点が特徴だ。コスト競争力に優れ、量産化にも適しており、近い将来の市場投下が期待されている。

記録測定は、米国で太陽電池の測定サービス事業を手がける光学機器メーカーのニューポート社が担当。研究成果は論文誌『Advanced Energy Materials』に11月27日付で掲載された。SF社の研究所である厚木リサーチセンターは、過去にもカドミウムを含まない約0.5cm2の薄膜太陽電池セルでエネ変換効率19.7%の世界記録を達成しており、30cm角CIS薄膜太陽電池サブモジュールの開口部面積でも同変換効率17.8%を達成するなど優れた研究成果をあげている。


詳しくは
http://www.solar-frontier.com/jpn/news/2013/C026763.html





スポンサード リンク

posted by cherry at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。