2013年12月09日

昭シェル、恒例の環境フォト作品展開始

昭和シェル石油は毎年恒例の環境フォト・コンテスト「わたしのまちの○と×」の入賞作品を決定し、12月1日より本社ビル内シェルミュージアム(港区台場)で上位入賞作品の展示会を開始した。第9回目となる今回のジュニア部門金賞作品には『命の重み』、一般部門金賞作品に『"Cool" Japan is "Heat" Island.』が選ばれた。今年は環境授業の題材や夏休みの宿題に同コンテストへの応募を活用する学校が増え、前年の約1.5倍となる5,418点(ジュニア部門:5,158点・一般部門:260点)もの作品が集まったという。作品の常設展示は2014年1月31日までだが、全国各地で作品展を開催するほか、同社Webサイトでの公開や学校の授業向け作品集も発刊予定。

同コンテストは、いつまでも残したい「○(まる)」の風景とすぐにでも改善したい「×(ばつ)」の風景を2枚1組の写真に撮影しコメントも添えて作品にする。自然の○と×の対比だけでなく、産業や家族、伝統など様々な視点による作品作りを通じ、身近なまちについて考える「きっかけ」を提供するのがコンセプト。同社は恒例となった同コンテストを多くの顧客が環境について考える最良の機会として継続する考え。


詳しくはこちら
http://www.showa-shell.co.jp/photo/index.html

(櫻田光治)





スポンサード リンク

posted by cherry at 10:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会貢献関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。