2013年11月22日

南相馬市でグリーンハウス屋根のPV実証

ソーラーフロンティア(SF社)は11月20日、温室を使った高付加価値型農業で収益を上げるグリーンハウスの屋根に、同社製CIS薄膜太陽電池モジュールを乗せて売電収益を上げるという「PVグリーンハウス実証事業」を福島県南相馬市で開始したと発表。農業とその農地の上部空間を利用した太陽光発電事業の両立を目指し、収益性と持続性の高い施設園芸モデルを構築するのが今回の目的である。福島県の協力のもと、約1,300m2のグリーンハウス屋根に計324枚(50kW)の太陽光パネルを設置し、ハウス内ではイチゴとトマトを栽培する。翌2014年1月を目処に発電事業とモジュールの影で影響を受けるハウス内農業を検証。SF社は東北の基幹産業である農業の復興に加え、全国の農地を活用した再生可能エネルギーモデルの開発・普及に役立つと意欲を示す。


同事業は、経済産業省の「2012年度住宅用太陽光発電高度普及促進復興対策事業(福島実証モデル事業)」に採択されたもので、海外でPVグリーンハウスの実績がある独ベレクトリック社のシステムを導入。グリーンハウス専門会社「Les Industries Harnois」や世界大手のパワコンメーカーであるSMA社の協力も得て、実施している。

20131120solarfrontier.jpg


詳しくは
http://www.solar-frontier.com/jpn/news/2013/C025763.html

(上村哲也)





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。