2013年10月23日

東燃グループ2社がEBM目標を達成

東燃ゼネラル石油はこのほど、優れたエネルギー効率を有するエネルギーベンチマーク(EBM:Energy Benchmark)目標達成事業者として経済産業省資源エネルギー庁より認定を受けた。昨年に続いての認定となり、石油精製業者としては業界唯一の目標達成事業者。また、同社子会社の東燃化学も石油化学系基礎製品製造業者9社の中から唯一の目標達成事業者に認定された。

<プラントの一体運営を追求する同社川崎工場>
20131016tonen.gif


電力や製鉄、製紙業などと同様に石油精製や石油化学もエネルギー効率が事業の重要な鍵を握る。製油所が保有する常圧蒸留装置や減圧蒸留装置、その他の改質装置や脱硫装置、ボイラー設備など様々な装置の構成や通油量の差異により効率性は大きく変わる。EBM認定は、経産省が石油連盟加盟各社とそのグループ会社14社25カ所の製油所を対象に2012年度定期報告結果に基づき審査。同社の3工場は日本国内の平均的な製油所に比べてエネルギー効率が約15%程度優れているという点が高く評価された。同社発表の推定値によれば、エネルギー効率15%を実現することで年間約150億円のコスト削減と同等の効果が得られるとしている。仮に国内全ての製油所が同社3工場と同じ効率で操業したと仮定すると、日本国内の全製油所が年間で排出するCO2量約3,800万トン(2011年実績)の15%に相当する約570万トンのCO2削減ができる計算になるという。


東燃ゼネラル石油のニュースリリース(PDF)こちらから
http://www.tonengeneral.co.jp/news/



スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378302512
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。