2013年10月11日

大ガス、エネファーム販売2万台に

大阪ガスの家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」が累計販売台数2万台(※同社受注ベース)に達した。高い省エネ性とCO2削減効果を謳った「エネファーム」を同社が販売開始したのは2009年6月。以降、技術開発を重ね商品ラインナップを拡充してきた。2012年4月に発電率をより向上させた「エネファームtype S」、同年7月には停電時にも発電が継続する自立運転機能付き「エネファーム」を発売。住宅メーカーや一般家庭ユーザーを中心に顧客を獲得し、約4年4カ月かけて到達した。

同社は2万台販売によるCO2削減効果は年間約2万8,000トン(※戸建4人家族を想定、従来システムからエネファームに変更した場合)になると試算。CO2を吸収する杉の木の本数に換算すると約200万本(※50年杉でCO2吸収量13.9kg-CO2/本・年を想定)の植林に相当する。また、最大約1万4,000kWの電力ピークカットにも貢献するという。

同社は現在、太陽光発電と「エネファーム」を組み合わせた「ダブル発電」の普及にも取り組む。「ダブル発電」を実施すれば家庭で日頃使用する電力量のうち約80%の発電が可能になり、使用時の環境負荷もより低減する効果があるとしている。


詳しくは
http://www.osakagas.co.jp/company/press/pr_2013/1205853_7831.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。