2013年10月04日

ガソリン店頭価格、0.7円下がる

SS店頭価格が下落している。日本エネルギー経済研究所・石油情報センターは9月30日時点の石油製品小売市況調査をまとめ、ガソリンの全国平均価格が0.7円/ℓ、軽油が0.5円/ℓ、灯油が2円/18ℓ下がったと発表。ガソリンと軽油は3週連続、灯油は2週連続の値下がり。

都道府県別ではレギュラーが3県で横這い、44都道府県で値下がり。値下がり幅は群馬と神奈川が1.6円、静岡と京都が1.2円、埼玉、長野、奈良、岡山、徳島が1.1円、栃木、東京、鳥取が1.0円の順で大きい。福井、香川、高知は横這いだった。埼玉の下落幅が千葉より大きく、レギュラーは単独、ハイオクは千葉と同値で最安値県となった。

日本エネルギー経済研究所・石油情報センターがまとめた石油製品小売市況調査はこちら
http://www.enecho.meti.go.jp/info/statistics/sekiyukakaku/index.htm





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市況関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。