2013年10月02日

8月A重油、小型ローリー91.2円

円安の影響でA重油の高値が続いている。長期化している原油価格の高騰も加わり、漁船用燃料など向けに小型ローリーで納入するA重油価格は今年に入って90円超えが頻発。資源エネルギー庁がまとめた2013年8月のA重油の小型ローリー納入全国平均価格は1L当たり91.2円。前月から0.5円の値上がりであり、2カ月連続で90円を上回った。今年は2月と3月も90円を上回っており、すでに4回目の90円超えとなった。

全国各地の漁業者は燃料費上昇で操業に大きな打撃を受けている。水産庁は2013年6月に燃油価格上昇分の補填策を発表、A重油価格1L当たり95円を超えた場合、国が超過分の4分の3を負担するとした(※約80円を超えた部分に対しては、現行制度通り国が半分を負担)。だが、政府の対策はあくまでも2014年度末までの時限措置でしかない。深刻な経営圧迫にもがく漁業従事者にとって何ら抜本的な解決策にはなっていないのが現状だ。

8月のA重油納入価格の大型ローリー納入全国平均価格は1L当たり84.1円となり、前月から0.6円値上がり。最高値は北海道局の86.0円、最安値が中部局の82.1円。なお、小型ローリー納入の最高値は中国局の94.1円、最安値が中部局の89.4円。

20131001Ajuyu.gif


資源エネルギー庁「A重油2013年8月分」のデータはこちらから
http://www.enecho.meti.go.jp/info/statistics/sekiyukakaku/sekiyukakaku3.htm





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市況関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。