2013年09月13日

8月中古車登録台数は前年比11.1%減

日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表した2013年8月の中古車登録台数は、前年同月比11.1%減の27万7,754台にとどまり、4カ月連続で前年実績を下回った。減少したのはエコカー補助金が終わった反動が主な原因である。新車販売が停滞しているために、その影響で下取り市場への中古車の登録台数自体が減少している。

車種別では普通乗用車が同9.1%減の12万777台、小型乗用車も同12.9%減の12万2,380台となり、乗用車合計が11.0%減の24万3,157台へと減った。一方、貨物車(トラック)は、同10.7%減の2万7,965台。内訳は普通トラックが同9.0%減の1万2,219台、小型トラックは同12.0%減の1万5,746台。

20130913oldcar.gif


日本自動車販売連合会の統計データはこちらから参照可
http://www.jada.or.jp/contents/data/used. html

(櫻田光治)





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 15:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。