2013年08月20日

原発の再稼働は経済的か(岩間剛一の「エコノミストの目」より紹介)

原子力発電所を再稼働させるか、新規建設させるかどうか、イデオロギー的にではなく、純粋に経済学的に考えてみる。結論から先に言うと、他のエネルギーと比較して原発は現時点で経済的ではない。もちろん一部には再稼働待望論が根強いことは分かっている。「再稼働しないと電気料金が値上げになる」、「資源エネルギー小国である日本にとってエネルギー源の多角化として重要である」などの意見である。もちろん短期的に考えると、表面的な発電コストの安い原発を再稼働させると電力企業のコストが低下し、電気料金は引き下げられる。

《続きは別ブログで有料会員のみ閲覧可》
※和光大学教授・岩間剛一の「エコノミストの目」を一部紹介させていただきました。





スポンサード リンク

タグ:原発 原子力
posted by 鈴木零号 at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電力関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。