2010年07月06日

東電ら民間6社、原発の海外展開へ窓口一本化

東京電力、中部電力、関西電力、東芝、日立製作所、三菱重工業の6社は、ベトナムなどで海外展開を図る新会社「国際原子力開発(仮称)」を今秋設立することとし、設立に向けた「準備室」を7月6日に設置した。具体的な活動を速やかに展開するため、原子力発電の官民プロジェクト窓口を一本化し、包括的に提案する。政府は制度整備や資金などで支援していく。

「『新会社』の理念・役割」
国際原子力開発(仮称)の理念・役割


詳しくは東京電力のプレスリリースへ
http://www.tepco.co.jp/cc/press/10070601-j.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 15:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電力関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。