2010年07月05日

九電、純揚水式の小丸川発電所1号機を運転開始

九州電力は7月2日、出力調整能力に優れ、ピーク供給力と緊急時対応用電源としての役割を担う純揚水式発電「小丸川(おまるがわ)発電所1号機」(出力30万kW)の使用前自主検査を終了し、営業運転を開始した。

同発電所は宮崎県児湯郡木城町に1999年2月から建設着手されたもので、2007年7月には4号機、昨年1月には3号機が稼働。最大出力120万kWのうち今回で90万kWに到達した。来年7月には2号機が運転を開始する予定。

小丸川発電所
(出所:九州電力)


詳しくは
http://www.kyuden.co.jp/press_h100702-1





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電力関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。