2010年06月21日

丸紅、地元シンボルの蓼科小水力発電を再生へ

丸紅は6月21日、蓼科開発農業協同組合が所有し、現在運転休止中の小水力発電「蓼科発電所」(長野県茅野市蓼科)の営業権と発電設備一式を買収したと発表。6月末から本格的工事に着手し、2011年5月に運転開始を目指す。


同発電所は1954年に地元民が協力して建設。自家発電用として自営線を使い、長年にわたり近隣関係施設へ電力供給してきたものの、2007年5月には設備の老朽化と維持管理の負担を理由に運転を停止した。最大出力は260kWと小ぶりだが、地域のシンボル的存在を復活させたいとの地元の声に応え、経済産業省の「新エネルギー等事業者支援対策事業」を新エネルギー導入促進協議会(NEPC)が昨年度受託。丸紅が水力発電事業の実績を持つ100%子会社「三峰川電力」を通じて取得して再生に取り組む。発電計画は、約500世帯分の電力量に相当するという183万kWh。特定規模電気事業者(PPS)の丸紅が企業や官公庁へ電力を販売する。

丸紅は、今後も新規発電所の建設や遊休施設のリニューアルなどにより、5年以内に10カ所の新規電源開発を目指し、小水力発電事業を全国展開していくという。


丸紅のニュースリリースは
http://www.marubeni.co.jp/news/2010/100621a.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電力関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。