2010年06月10日

美術品の展示には有機EL照明がお薦め!?

出光興産は、有機EL照明のみで美術品を照らすことができる「美術館向け展示ケース」を試作し、出光美術館で6月12日から展示する。ガラスケースの上下面に大型化したパネルを設置し、次世代照明光源として有機EL照明をアピールしていく。

2007年から出光美術館に設置された小型有機ELパネルは補助照明に過ぎない。同社は補助照明から脱皮するため、輝度や発効効率などの性能面を改善したとのこと。有機EL照明は、特定の有機材料に電流を加えると、材料自らが発光する自発光型照明パネルを光源とする。美術品を傷める紫外線を含まず、自然光に近い特性を持ち、柔らかな光を発するので、美術館照明に適していると考えている模様。極めて薄く、面で発光するため、デザイン性の自由も特長の一つ。美術工芸品の展示では、LED照明を導入する美術館も最近増えているものの、蛍光灯やハロゲンランプを使用するケースが多く、有機EL照明の優位性を訴えていく考え。






スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。