2010年06月09日

新日石、停電に強いエコな電熱供給システム実証へ

新日本石油は6月8日、停電時にもエコな電気と熱を供給するという「環境対応マルチエネルギーシステム」を岐阜県郡上市の商業施設「クックラひるがの」に設置した。同社と岐阜県は今後1年かけて実証試験を実施する。


同システムは、太陽光発電(出力3.2kW)や燃料電池(0.75kW)、ガスコージェネレーション(4.5kW)、蓄電池(蓄電容量14kWh)から構成されており、消費電力量に応じて各機器の発電や充放電をコントロールでき、クリーンで効率的だという。新日石が開発した創エネモニターシステムにより、電力やお湯の使用状況が表示され、エネルギーの見える化にも対応した。
通常は店内設備の一部(タワーホール)や電気自動車(EV)用充電器に電気を供給し、不足分を系統電源で補い、余剰電力を蓄電池に充電。燃料電池とガスコージェネで作られたお湯は、足湯や融雪に利用される。停電時には自立運転に切り替わり、必要最小限の電気とお湯を供給するというもの。横浜市に設置した「ENEOS創エネハウス」の知見を活かして、新日石が設計し、グループ会社NIPPOが施工した。



(出所:以下新日本石油)

「クックラひるがの」は、経済産業省の「次世代エネルギーパーク」にも認定された岐阜県「次世代エネルギーインフラ整備構想」の一拠点。店舗やホテルなどを有する大型商業施設で、年間30万人以上の来場者を誇る。




詳しくは
http://www.eneos.co.jp/company2/press/2010_2011/20100608_01_0794529.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。