2010年05月07日

JAPEX、カナダ・ビチューメン拡張開発を申請

石油資源開発(JAPEX)は4月29日、2008年5月から実施していたカナダ・アルバータ州ハンギングストーン(Hangingstone)鉱区での未開発地域拡張開発事業の実現に向けた環境影響調査を終え、アルバータ州政府エネルギー資源保護委員会と環境省に対してビチューメン生産量を既存操業含む最大3万5000b/dまで追加するという内容で開発許可申請を提出した。

今後は基本設計に着手し、設備規模と構成の最適化を図るという。開発許可の取得は、通常約1年半要すると言われているらしい。来秋頃に開発許可の取得を受けて最終投資意思決定した後、2011〜2012 年冬季から建設工事に着手し、2014年末までに生産開始する流れを見込んでいる。

「ハンギングストーン拡張開発プロジェクト位置図」
ハンギングストーン鉱区拡張エリア
(出所:以下石油資源開発)


ハンギングストーン拡張開発プロジェクトは、アルバータ州フォートマクマレー地区の南南西52kmに位置し、ビチューメン生産には「Steam Assisted Gravity Drainage(SAGD)法」が適用される。同社は、1999年から連結子会社ジャパン・カナダ・オイル・サンズ(JACOS:Japan Canada Oil Sands Limited)を通じて、通称3.75セクション地域でオイルサンド層から採取される超重質油「ビチューメン」をSAGD法により約7000b/dを生産している。JACOSが拡張開発エリアのオペレーターとして75%権益を保有し、残りはネクセン(Nexen Inc.)が保有。現在計画している開発シナリオでは拡張開発エリアからのビチューメン生産量が平均2万5000〜3万0000b/dに及ぶと見込まれている。

「SAGD法概念図」
SAGD法概念図


詳しくは石油資源開発のニュースリリース(PDF)へ
http://www.japex.co.jp/newsrelease.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。