2010年04月26日

米人気パンクバンドが動画で脱石油訴える!?

アメリカの人気パンクバンドGREENDAYと環境NGO「NRDC」が共同キャンペーンの一環で制作した番組に、「石油に依存する私たち〜GREENDAYのメッセージ」というものがあるらしく、Web上で動画を公開している。

米国の石油依存を批判し、クリーンカー(日本でいうエコカー?)やバイオ燃料などの代替を提案するという内容らしい。日本でも人気が抜群らしく、歌を通して社会や環境問題に関して訴えることも多いんだとか。2004年のグラミー賞受賞アルバム『American Idiot』は、世界中の人々の政治や社会問題への関心を高めたと言われているとのこと。


「石油に依存する私たち〜GREENDAYのメッセージ」
http://www.japangreen.tv/life/#/000373



このバンドがどれほどの影響力を持つのか私には全く分からないが、もしもこれで米国の石油消費量が下がるなら、個人的にもこれほど嬉しいことはない。エコカーやバイオ燃料が本当に環境に優しいのかどうかは別にして、米国の石油消費量は群を抜いて多い訳(2008年は世界の消費量の4分の1相当で2069.8万b/dに及ぶ)だから、減少すれば資源国以外の国々は非常に助かる。ちなみに、米国のバイオ燃料は食物由来が多いから、穀物価格を需給調整で吊り上げているといわれる穀物メジャーへの対抗策をちゃんと視野に入れておかなければならない。バイオ燃料で痛い目に遭うことも十分想定して、日本政府は戦略を練ってもらいたい。


(追記)
動画は2008年9月5日にアップデートされたものらしく、リーマンショックで翳んでしまったのだとしたら残念だ。





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動画紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。