2010年04月22日

28日から海老名・上郷SA上下線に急速充電器

東日本高速道路(NEXCO中日本)は、東名高速道路の海老名SAと上郷SAの上下線計4カ所に電気自動車(EV)用急速充電器を設置し、4月28日11時から運用を開始する。

利用するには1充電当たり100円の料金がかかり、事前に登録した「利用者カード」、「おサイフケータイ」、「FeliCaカード」のいずれかが必要になる。同社が運営する高速道路では同システムの設置と運用は初めて。また、海老名SAでは運用開始式典を10時から開催する。
三菱自動車「i MiEV」(アイミーブ)の場合、30分で走行距離120km程度充電できる。高速道路に急速充電器が設置されたのは便利なことだが、やはりEVは長距離走行に向かず、普及はまだまだ先の話になりそうだ。



(出所:NEXCO中日本)


詳しくは
http://www.c-nexco.co.jp/info/sapa/sapa_display.php?id=1706





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。