2010年04月16日

昭シェル、新潟県までEV走行チャレンジ

昭和シェル石油は、「EVがつなぐ道−太平洋から日本海へ」と銘打ち、市販電気自動車(EV)で「東京−新潟 EV実車走行チャレンジ」を4月20日から21日の2日間にかけて実施する。


倍速充電器を設置している昭和シェル石油本社(東京都港区台場)から、急速充電器を設置しているハヤマ「新潟東SS」(新潟県新潟市)までの全行程370kmをEVで走行。長距離を実際に走行することで必要な充電インフラのあり方、緊急時対応策などを検討する考え。4月21日には新潟県、新潟市、三菱自動車のEVと合流し、4台で新潟市内を並走するんだとか。
同チャレンジは、日産自動車と経済産業省・資源エネルギー庁が推進する「平成21年度 電気自動車(EV)普及環境整備実証事業」を受託し、その一環として実施するもの。協力会社はハヤマ、新潟三菱自動車販売、吉沢石油。経済産業省、新潟県、新潟市が協力する。


【行程】
4月20日(火)
8:00 当社本社前より出発
    埼玉県、群馬県で充電予定
21:00 越後湯沢到着予定

4月21日(水)
8:00 越後湯沢を出発
    長岡で充電予定
15:40 新潟市白根で新潟県、新潟市、三菱自動車のEVと合流し、4台で新潟市内を並走
17:00 新潟東SS(新潟県新潟市東区平和町21-1)に到着予定
到着後、記念式典実施


詳しくは
http://www.showa-shell.co.jp/press_release/pr2010/0416.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。