2010年04月05日

新日石・三井丸紅、LPガス事業統合会社を検討

三井物産、丸紅、三井丸紅液化ガス(三井物産60%、丸紅40%出資)とJXホールディンググループ・新日本石油の4社は、2010年度内の液化石油ガス(LPガス)事業統合に向け検討を開始した。新日石のLPガス事業を分割し、三井丸紅液化ガスと統合する方向で、今年5月末を目途に統合に関する基本的事項を定める契約書を締結する意向。新日石が統合新会社の発行済株式の過半数を、三井物産が約30%、丸紅が約20%をそれぞれ保有する方向で検討する。

日本経済新聞電子版によると、国内シェア2位の新日石と3位の三井丸紅液化ガスの統合会社は、出光興産と三菱商事が出資するアストモスエネルギーを抜いて、国内シェア約25%とトップに浮上するという。ただでさえ、日本のLPガス産業は中長期的な需要減少が予想される上に、他エネルギーとの間で激しい競争により経営環境が厳しい。4社は事業の合理化・効率化を進め、LPガス元売としての経営基盤を強化したい考え。余談だが、LPガス業界は今後、特約店や販売店をめぐり統廃合の加速が避けられそうもない。

関係当局の審査を経て統廃合を進めるそうだが、ジャパンエナジーが51%出資する「ジャパンガスエナジー」は国内販売目標が225万トン規模。その点が気にかかる。

新日石・三井丸紅のLPガス事業概要
(出所:JXホールディングス)


詳しくは
http://www.eneos.co.jp/company2/press/2010_2011/20100405_01_0940197.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。