2010年04月02日

水島コンビナート、4社が高度化へ連携

新日本石油の精製部門・新日本石油精製とジャパンエナジー、三菱化学、旭化成ケミカルズの4社は、岡山県倉敷市水島地区のコンビナートの一体運営を目指し、各事業所間で石油を中心に原燃料や製品・半製品などを相互融通し合い、高度統合生産連携システムを構築する。必要な連携設備を設置し、従来の枠組みを超えた事業所間の運転最適化をはじめ、原燃料の多様化を図ることで、原油処理量や製造コストを削減できる。原油処理量は年間34.5万KLの削減効果があるという。


(出所:以下ジャパンエナジー)


今回の連携は、石油コンビナート高度統合運営技術研究組合(RING)が公募した「平成22年度コンビナート連携石油安定供給対策事業」に応募し、選定されたもの。事業期間は2010〜2013年度となる。「コンビナート連携石油安定供給対策事業」は、経済産業省からの支援を受けてRINGが推進しているもので、コンビナート連携により、石油精製業を中心とするコンビナート域内外の連携設備の効果的設置による拡大融合を促進して製油所の競争力を強化し、石油資源の有効活用を図って原油処理量の低減を通じ、エネルギーセキュリティーを確保することを目的としているそうだ。実際に高効率化・高付加価値化によってアジア有数のコンビナートになれるかどうか、期待される。
新日本石油精製・水島製油所の原油処理能力は25万b/d、ジャパンエナジー・水島製油所は24万b/d(うち3.5万b/d研究設備)。

水島コンビナート高度化


ジャパンエナジーのニュースリリースは
http://www.j-energy.co.jp/cp/release_new/2010/20100402_1330.php





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。