2010年04月01日

出光・三井化学、千葉ケミカル製造LLPを設立

出光興産と三井化学は4月1日、昨年5月に合意した「千葉地区における生産最適化」の第1ステップとして両社のエチレン装置の運営統合を検討した結果、折半出資で千葉ケミカル製造有限責任事業組合(千葉ケミカル製造LLP)を出光本社内に設立した。エチレン、プロピレンをはじめとした石化原料のコストミニマムを追求し、生産機能を中心としたLLPで、コストセンターとしての運営を原則とするとのこと。

「LLPのスキーム概要」
出光・三井化学LLPのスキーム概要
(出所:以下出光興産)


出資金は2億円。エチレン生産能力は、出光・千葉工場の37.4万トン/年に三井化学・市原工場の55.3万トンを加え、計92.7万トンとなる。両社は今回のエチレン装置の運営統合だけでなく、リファイナリーなどへの生産最適化領域の拡大を検討し、合理化効果の最大化を図る意向。出光・千葉製油所の原油処理能力は22万b/d。

石油化学をめぐる国際環境は、中東や中国などで大型石化設備の新増設が目覚しく、日本の石化事業は国際競争力を早急に強化しなければならない状況。両社は日本トップレベルの競争力を持つエチレンセンターの構築を目指すという。
出光と三井化学の両社は、2004年2月の包括提携以来、ポリオレフィン事業の統合によりプライムポリマーを設立したほか、ライトナフサリフォーマー(LNR)の再稼働、石油コンビナート高度統合運営技術研究組合(RING)事業への参画などを通じ、競争力の充実強化を図ってきた。

「両社事業所の位置相関図」
千葉石油化学コンビナート


出光興産のニュースリリースは
http://www.idemitsu.co.jp/company/information/news/2010/100401_2.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。