2009年12月22日

東燃ゼネと東レ、BSF合弁会社で最終合意

エクソンモービル・ジャパングループの東燃ゼネラル石油と東レは12月21日、バッテリーセパレーターフィルム(BSF)の開発・製造・販売を目的とした合弁会社の設立が最終合意に至ったと発表。東燃ゼネラルの完全子会社「東燃機能膜合同会社」(栃木県那須塩原市)に、東レが600億円を出資し、持分比率を折半とする。東レの技術開発力と東燃ゼネラルの製造拠点という強みが利益性を向上すると判断した。欧州や中国などで独占禁止法の関連の届出・審査により承認を取得したら、合弁契約を結び、合弁化する流れ。2010年1月中に合弁会社名を「東レ東燃機能膜合同会社」とし、事業を開始する考え。


東燃ゼネラル石油のニュースリリース(PDF)はこちらからhttp://www.tonengeneral.co.jp/apps/tonengeneral/whatsnew/index.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。