2009年12月18日

新日石、マンションでも買取対象の太陽光

新日本石油は12月18日、川崎市の同社社宅にマンション用戸別太陽光発電システムを設置し、稼動を開始した。独自開発したパワーコンディショナを用いることで、マンション各戸ごとの太陽光発電とすることができ、余剰電力は買取制度の対象となるという。同社は今後、このシステムを商品化し、新築マンションやリノベーションマンションをはじめ、大規模修繕時の導入提案を展開したい考え。


今回設置されたのは三洋電機製「HIT太陽電池モジュール200W」216枚と新日本石油製「パワーコンディショナ1.2kW」36台。1戸当たり6枚とし、36戸分の太陽光発電システムとなる。システムの最大出力合計は200W×216枚で43.2kW。同社は、パワーコンディショナのもつ停電を感知する仕組みが相互に干渉し、誤作動するという問題点を解決し、マンション向けとして国内最小サイズ(A4)を実現したとのこと。パワーコンディショナは、太陽電池モジュールで作られた直流電流を、家庭用交流電力に変換するための装置。


「設置した太陽光発電パネル」


「パワーコンディショナ」

(出所:新日本石油)


詳しくは
http://www.eneos.co.jp/company2/press/2009_2010/20091218_01_0944355.html



スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135966697
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。