2009年12月16日

全量買取PTが第5回ヒアリング開催へ

再生可能エネルギーの全量買取に関するプロジェクトチーム(全量買取PT)は、業界団体からの最後のヒアリングを12月22日に実施する。これら5回のヒアリングを踏まえて論点を整理し、2010年1月下旬には第2回会合、2月中旬には第3・4回会合を開き、3月頃の第5回会合で中間報告書がとりまとめられる方針。再生可能エネルギーの導入拡大への選択肢を3〜5つで提言するという。

全量買取PTは、資源エネルギー庁に設置され、初会合を11月6日に開催した。意見募集を受け付けた後、現在は公開ヒアリングを年内に5回実施している段階。
1回目のヒアリングは11月30日に開かれ、三菱重工業、日本電機工業会(JEMA)、太陽光発電協会(JPEA)、太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)、日本風力発電協会(JWPA)、風力発電事業者懇話会(WPDA)、小型風力発電協会、日本地熱開発企業協議会がプレゼンテーションを実施した。

2回目のヒアリングは12月3日に開かれ、電源開発、エネット、公営電気事業経営者会議、全国小水力利用推進協議会、全国電力関連産業労働組合総連合がプレゼン。

3回目のヒアリングは12月8日に開かれ、環境エネルギー政策研究所、日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会、石油連盟、電気事業連合会がプレゼン。

4回目のヒアリングは12月10日に開かれ、日本エネルギー経済研究所グリーンエネルギー認証センター、バイオガス事業推進協議会、ファーストエスコ、日本製紙連合会、バイオマス産業社会ネットワークがプレゼン。

開催概要は
http://www.meti.go.jp/committee/notice/2009b/20091215005.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 審議会・セミナー等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。