2009年12月15日

住友商事、米シェールガス事業に参画

住友商事は米国テキサス州バーネット・シェール・フィールドのプロジェクトに参画し、日本企業として初めてとなるシェールガス開発に乗り出す。オペレーターの米独立系開発会社「カリゾー・オイル・アンド・ガス(CRZ)」と契約を結び、12.5%の権益を取得。年間生産量はピーク量で240億cfとのこと。


米国では「シェールガス革命」と称されるほど、石油ガス上流業界に大きな変革をもたらしたというシェールガス事業。ここ最近は米国へ輸出する目的で天然ガスの大型開発が相次いだが、商業ベースでのシェールガス開発に成功したため、現在では世界の天然ガスが余っているという状況。米国独立企業がコツコツと開発を積み上げた結果、どこの石油ガス大手も技術開発に出遅れている格好である。住商は開発の豊富な経験を有するCRZとパートナーとなることで運営ノウハウを積み、開発ポテンシャルの高いシェールガス事業を他のエリアでも展開したい考え。



(出所:住友商事)


詳しくは
http://www.sumitomocorp.co.jp/news/2009/20091215_155927.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。