2009年12月03日

エネ庁、次世代石油精製技術事業を中間評価へ

経済産業省資源エネルギー庁は、第1回革新的次世代石油精製等技術開発事業中間評価検討会を12月14日に開催する。革新的次世代石油精製とは、カナダ・オイルサンドなどの(超)重質油を精製する意味である。重質油からの白油の得率を向上することは、国内での利用幅が拡大し、供給源の多様化に役立つ。
議題は評価のあり方と評価の手順等のほか、プロジェクトの概要と評価用資料を審議する。傍聴は12月10日の正午までに電子メールで登録する必要がある。

開催概要は
http://www.meti.go.jp/committee/notice/2009b/20091203006.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 審議会・セミナー等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。