2009年12月01日

JOMO、首都圏でEVビジネスモデルを実証へ

ジャパンエナジーは、電気自動車(EV)向けのビジネスモデルをSSで検証するという実証事業「JOMOeサポートサービス」を2010年1月18日から5月31日にかけて実施する。経済産業省の「平成21年度電気自動車普及環境整備実証事業」として実施されるもので、首都圏12カ所のJOMOステーションにEV用急速充電器を設置し、充電設備の効率的配置や妥当な料金体系などを検証するほか、付帯サービスの提供モデルを考案・実施していき、ビジネスモデルを模索する。

まずグループ社員など走行テストの協力者にアイミーブ(i MiEV)3台とプラグインステラ1台の計4台のEVを提供し、利用履歴や走行データを取得する。また、首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)のEVユーザー向けの会員カード「JOMOカードe」を発行し、会員限定の無料サービスを提供していくんだとか。実証期間中の間だけだが、充電サービス、充電施設案内サービス、電欠時レッカーサービス(首都圏限定)、軽整備サービス、洗車サービス(月2回)が無料で受けられる。「JOMOカードe」には、ユーザー認証用の非接触型ICチップと磁気ストライプを搭載して、充電時間や充電電力量、各種サービスの利用履歴データを収集していくほか、アンケート調査やヒアリング調査を実施するという。

急速充電器が設置されるSSは、「JOMO Value5和光白子店」「JOMO 第一京浜蒲田ステーション」「JOMO Value5東京インター店」「JOMO 杉並方南通りステーション」「JOMO 大谷田ステーション」「JOMO 稲城市役所前ステーション」「JOMO Value5大倉山店」「JOMO 都岡ステーション」「JOMO Value5奈良町店」「JOMO Value5市が尾店」「JOMO Value5港北インター店」「JOMO Value5菅生ヶ丘店」


ジャパンエナジーのニュースリリースは
http://www.j-energy.co.jp/cp/release_new/2009/20091201_1330.php





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | SS関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。