2009年11月30日

東電と物産、タロング・ノース発電権を売却

東京電力と三井物産は11月30日、2002年8月に共同で取得した豪クィーンズランド州の石炭火力発電事業「タロング・ノース発電事業」の全ての権益を売却した。

両社が共同で設立したティーエムエナジー・オーストラリア社(TMエナジー)を通じて、東京電力が35%、三井物産が15%分を所有していたもので、残り50%の権益を所有する州営電力会社タロング・エナジー社の子会社「ティーエヌ・パワー社」(TNパワー)が同事業の全てを継承する。三井物産は同事業から完全に手を引くが、東京電力は運転・保守に関する技術提供を引き続き継続し、運営を支援していくとのこと。

同発電事業は、TMエナジー社とTNパワー社がともに50%出資するジョイントベンチャー。2003年8月から石炭火力発電所1基(出力44.3万kW)の運転を開始したもの。


東京電力のプレスリリースはこちら
http://www.tepco.co.jp/cc/press/09113001-j.html



東京電力はメルマガ会員(無料)募集キャンペーンを実施中。詳しくは画像をクリック








スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電力関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。