2009年11月24日

昭シェルが雪国型メガソーラーの実証へ

昭和シェル石油は、新潟県と共同でメガソーラー発電所の建設を開始すると決めた。完全子会社の昭和シェルソーラーが生産するCIS薄膜太陽電池(商品名:「SOLACIS」)を使用して、多様な気象条件への対応力や分光感度特性、低劣化などの優位性を実証する狙い。前身の昭和石油発祥の地でもある旧新潟製油所跡地の石油製品輸入基地構内で実施することによって、石油事業と太陽電池事業の両立による「エネルギーソリューションプロバイダー」としての象徴的な取り組みに、同社は位置づけたい考えなんだとか。商業発電施設としては、日本初のメガソーラー発電所建設となることを目指す。

発電の開始時期は2010年9月を予定しており、発電規模は1000kW。新潟県の補助事業と新エネルギー導入促進協議会の「地域新エネルギー等導入促進事業」として採用されたもの。昭シェルは太陽光発電事業の拡大には地方自治体との協働が不可欠だと考えており、他自治体にも連携を模索していくこととなる。同事業では、敷地内でのエネルギー教室の場を設けて県民への理解を深めていくほか、電気自動車(EV)用充電システムを設置して県と連携していく考え。


「完成イメージ」

(出所:昭和シェル石油)


詳しくは
http://www.showa-shell.co.jp/press_release/pr2009/112402.html






スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。