2009年06月12日

IEAが世界石油需要を12万b/d上方修正

09年の世界石油需要、10カ月ぶりに上方修正 IEA予測
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090611AT2M1103D11062009.html
(日本経済新聞6月12日朝刊7面)

日本経済新聞によると、国際エネルギー機関(IEA)が11日に発表した6月の石油市場月報で、2009年の世界の石油需要を8333万b/dとし、前月予測から12万b/d引き上げたとのこと。需要予測の上方修正は昨年8月以来の10カ月ぶり。ただし、2008年比では2.9%の減少にとどまっており、IEAは「世界景気の回復ではなく、減少テンポの緩和を映した」という。経済協力開発機構(OECD)加盟国でないロシアや中国など新興国や途上国分は据え置かれ、北米への引き上げ分が8万b/dと大きな比率を占める。石油在庫を再び積み増す動きが出始めているとのこと。米国の需要量は2008年比4.9%減にとどまっている。





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。