2009年06月11日

出光、潤滑油販売で中東アフリカへ進出

出光興産は6月7日、中東地区とアフリカなど周辺諸国での潤滑油販売の体制を強化するため、ドバイ空港フリーゾーン内に完全子会社「出光ルブ中東アフリカ」を設立した。7月には営業を開始し、2012年には2万KLの販売を目指す。これまで中東地区の潤滑油事業は、完全子会社「出光ルブヨーロッパ」がシャール社(本社:アラブ首長国連邦シャルジャ)とAUC社(本社:サウジアラビア)と締結した製造販売のライセンス契約をもとに、シャール社とAUC社が潤滑油を製造・販売し、出光ルブヨーロッパが技術サポートを展開してきた。今後は、シャール社とAUC社とのライセンス契約を継続し、製造・供給体制では変わらないものの、出光ルブ中東アフリカが中東・アフリカなどの国や需要家毎の状況を踏まえて段階的に直接需要家に販売する体制へ切り替える。出光ルブヨーロッパにより実施されてきた技術サポートも引き継がれる。資本金は300万ディルハム。取締役社長には長岡義典氏が就いた。従業員数は、出光興産から出向する1人を含め計5人。
中東地区の潤滑油需要は年間取扱数量が2002年から2008年でほぼ2倍の約1万6000KLへと急激に増加。金融危機の影響は残るが、2009年の潤滑油需要も増加が見込まれている。さらに、アフリカや湾岸諸国以外の中東諸国、パキスタンなどの西アジア諸国でも市場が拡大するとみている。このほか、出光興産は中国やインドをはじめ、潜在成長力のある南米、ロシアを重要市場と位置付け、高機能自動車用・工業用潤滑油の供給体制を強化していく方針。

出光興産のニュースリリースは
http://www.idemitsu.co.jp/company/information/news/2009/090611.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。