2009年06月10日

豊通、BDF確保へジャトロファ事業参画

豊田通商は6月10日、バイオ油原料植物のシンガポール研究販売会社「JOIL(S)PTE. LTD.(ジェイオイル)」に資本参加し、ジャトロファ種苗の販売とその農園開発を展開すると発表。これまでもバイオディーゼル(BDF)事業に取り組んできたが、低コストで、安定的な、非食用の原料を確保し、アジア、アフリカ、中南米地域で拡販するのが狙い。ジャトロファは、高品質な種油で注目されている非食用植物で、非農地でも管理がしやすく、安価に供給できる可能性があるという。
シンガポール政府系研究所のTemasek Life Sciences Laboratory Ltd.(TLL)がジャトロファの品種改良を推進し、優良種を大量生産する組織培養の技術を確立。JOILは、特許技術の独占実施契約をTTLと結んでいる。

「ジャトロファ」
ジャトロファ
(出所:豊田通商)


詳しくは
http://www.toyota-tsusho.com/press/20090610_1.cfm





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。