2009年06月09日

中期目標「2005年比14%減」へ明日発表

首相、温暖化ガス「14%減」表明へ 05年比、中期目標を10日発表
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090609AT3S0802A08062009.html
(日本経済新聞6月9日朝刊1・2面)

日本経済新聞によると、麻生太郎首相は8日、2020年時点の温暖化ガス排出削減の中期目標を「2005年比14%減(1990年比7%減)」と表明する方向で調整に入り、10日の記者会見で発表するとのこと。排出枠の購入分や森林吸収分を含めずに目標達成を目指す。10日の記者会見では、国民や企業への負担コストも明示するという。2050年時点で現状比60〜80%減達成への工程表の作成も表明する見通しなんだとか。
麻生首相は8日に労働組合や経済界の代表と首相官邸で相次ぎ会談した。日本経団連の御手洗冨士夫会長は「4%増」を改めて主張し、「今回の決め方によっては10年間の企業の命運を左右する」と強調。今回の中期目標は、30%程度の削減を求める環境推進派の間を取る恰好となった。





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。