2009年05月26日

ペトロチャイナ、シンガポール石油に出資

ペトロチャイナ:シンガポール石油買収で最大22億ドル支払いも
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003011&sid=ak_QcDqLfzuc&refer=jp_asia
(リンク先:ブルームバーグ)
(参考:日本経済新聞5月26日朝刊7面)

日本経済新聞によると、中国石油大手の中国石油天然気(ペトロチャイナ)はシンガポールの石油大手であるシンガポール石油(SPC)に45.5%出資するとのこと。シンガポールの複合企業であるケッペル・コーポレーションが保有するSPCの株式45.5%を買い取ることで合意。出資額は14億7000万シンガポールドル(約960億円)に上るという。ケッペル以外の株主からも株式を買い取り、SPCを傘下に収める方針。
ブルームバーグによると、SPC株式を最大22億ドル(約2100億円)を支払うことで合意しているとのこと。中国はアジア最大の石油取引センターに足場を築き、世界の資源価格設定への影響力を強める可能性があると報じられた。





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石油関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。