2009年05月20日

新日石とGSカルテックスの工場建設始まる

新日本石油とGSカルテックス社がキャパシタ電極用炭素材事業の合弁で設立したパワー・カーボン・テクノロジー(PCT)社は、大韓民国慶尚北道亀尾(グミ)市に生産する本社工場の起工式を5月19日に実施し、建設に着工した。今年12月に年産300トンのキャパシタ電極用炭素材の工場建設を完了し、2010年1月から試運転、4月には商業生産を開始する。
キャパシタは、従来放出されていたエネルギーを電力として蓄えることでエネルギーを有効利用する蓄電装置。太陽光発電や風力発電の蓄電向けとしての用途拡大も期待できる。新日本石油とGSカルテックス社が今年1月に合弁契約を結んだもの。

詳しくは
http://www.eneos.co.jp/company2/press/2009_2010/20090519_01_0960575.html





スポンサード リンク

posted by 鈴木零号 at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・新エネ・省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


セキユの形

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。